トップページ >  男性アミノ酸シャンプーの効能 >  リンスインシャンプーは?

リンスインシャンプーはよくないの?

リンスインシャンプーはよくない?

リンスインシャンプーは一時期流行りましたが、普通に考えるとシャンプーとリンスは それぞれ違う役割があるのでそれが1つになっていること自体、不思議な感じがしますね。

シャンプーの成分である界面活性剤は汚れを落とす働きを持ち、ほとんどの場合マイナスイオンを帯びています。 けれども、毛髪は濡れることでマイナスイオンを帯びるため、同じマイナスイオンのシャンプーでは、 毛髪が絡み合ってしまいパサついたり傷んだりしてしまいます。

そこで、プラスイオンを持つ界面活性剤、つまりリンスを使うことで中和され、、 髪がしっとり、サラサラになるわけです。 ですから、普通に考えるとリンスインシャンプーは同時に使うと打ち消し合うため、 意味がないということになります。

そこで、シャンプーの分子を微粒子にすることで、まず小さなシャンプーのマイナスイオンが汚れを落とし、 次にもう少し大きなプラスイオンを帯びた界面活性剤が重なってつくようにして、 それぞれが結合しないようにすることで安定させたものがリンスインシャンプーです。 つまり、時間差で働きかけることでそれぞれが役割を果たせるというわけです。 ただし、どちらの効果も弱まりますので、弱い洗浄力と弱いリンス効果しか得られません。

リンスインシャンプーは1度でシャンプーとリンスができるというお手軽さを求めて 開発されたものなので、やはり、それぞれの役割をしっかりと働かせ、 効果を得るためには別々のものを使うほうがよいことは言うまでもありません。 シャンプーのきちんと汚れを落とすという役割、リンスの毛髪に潤いを与えるという役割は 別々に時間をかけることで最大限に効果を得られるのです。

理想のシャンプーとは?

最近よく耳にするノンシリコンシャンプーやアミノ酸シャンプーですが、 どのようなものかはっきりと説明できる人は少ないのかもしれませんね。 たとえば、ノンシリコンシャンプーのシリコンは、シャンプーやコンディショナーに含まれているもので、 毛髪を保湿したり手触りをよくする働きを持っています。

シリコンは髪の1本1本をコーティングすることで 表面的にはツルツルの手触りになるので、何となく自分の毛髪自体が 健康になったような気になります。

けれども、シリコンでいくら手触りがよくなっても本質的な髪のダメージが 補修されたわけではありません。 しかも、シリコンでコーティングされた毛髪はパーマやカラー剤が入りにくくなります。 また、シリコンは一度つくと落ちにくいだけではなく、 使い続けることでだんだんと蓄積され、やがて毛穴を塞いでしまうこともあるのです。

ノンシリコンシャンプーとは、このシリコンを配合していないものなので、 確かに毛髪にはよいのですが、ノンシリコンシャンプーに変えた人は、毛髪のキシキシ感を感じたり、 何となくパサついているような気がします。

一番の品質の良いシャンプーとは、「ノンシリコンシャンプーで、かつ、アミノ酸シャンプーの商品」です。これは低刺激でかつ、シリコン剤も入っていないので理想的なシャンプーといえます。

ノンシリコン&アミノ酸シャンプーは使い続けることで良さを実感できるので、 最初はぱさつきを感じてもしばらく使ってみることをおすすめします。

60種類の「男性用アミノ酸シャンプー」の全成分を鑑定しました。比較表はこちら