トップページ >  アミノ酸シャンプーの選び方 >  育毛成分の配合

アミノ酸シャンプーに頭皮にいい育毛成分が配合されているか確認する方法

アミノ酸シャンプーは薄毛の人向けな理由

ヘアケアの中で最も薄毛に影響しているのが毎日何気なくしているシャンプーだといわれています。 誤ったシャンプー剤選びやシャンプーの方法によっては、より薄毛を招くこともあるので要注意です。

シャンプーは「高級アルコール系シャンプー」「石鹸系シャンプー」「アミノ酸系シャンプー」の 3つに大きく分類されます。

まず、「高級アルコール系シャンプー」は一般的なドラッグストアなどで販売されているもので 現在出回っているシャンプーの大部分を占めています。 鉱油や植物性油脂から作られる合成界面活性剤を洗浄成分としており、洗浄力を重視しています。 そのため、洗浄力が強いものの頭皮への刺激や負担が大きいので薄毛の人にはおすすめできません。

「石鹸系シャンプー」は、洗浄力が強いのに、体に有害な成分が入っていないことで 頭皮への刺激は少ないといえます。

ただし、毛髪が弱酸性であるのに対して石鹸系シャンプーはアルカリ性であることから 毛髪がごわつきやすくなったり、シャンプー剤が残りやすいのですすぎに時間がかかってしまいます。 頭皮にシャンプー剤が残ると頭皮トラブルも多くなり、それが薄毛に悪影響を及ぼす事を考えると やはり薄毛の人にはあまり向いていません。

そこで薄毛の人におすすめなのが「アミノ酸系シャンプー」です。 洗浄力よりも頭皮への低刺激に重点を置いているため、頭皮への負担が最小限にとどめられます。 ですから、薄毛の人やお肌が弱い人でも安心して使用できるシャンプーだといえるのです。

最近のアミノ酸シャンプーは、頭皮や髪の洗浄はもちろん、髪のケラチンやキューティクルへの栄養、頭皮のコンディション・保湿まで考えた育毛成分が入っているものも増えています。

毎日使うものなので、できるだけ低刺激のもので頭皮や髪に余計な負担をかけない シャンプー剤を選びたいものですね。 ただし、アミノ酸系シャンプーの中には天然ではなく合成のものもあるので、 成分をしっかりと確認して天然のものを選びましょう。

育毛成分がどのくらい配合されているか

アミノ酸シャンプーに含まれる育毛成分は数多くあります。 シャンプーは頭皮を洗浄することが目的ですが、頭皮に触れる部分が大きいため、育毛成分が含まれていたほうが当然よいです。

汚れを落とした直後は、成分が浸透しやすい状態なのでなおさらといえます。 また、育毛成分といっても、効果は以下のように10種類も効能があります。

・脱毛の原因をブロックする成分
・頭皮の血行促進する成分
・細胞の活性化する成分
・ビタミン不足の補給する成分
・皮脂分泌抑制する成分
・脱毛抑制する成分
・乾燥したフケの角質軟化と水分保持する成分
・かゆみ予防する成分
・皮膚呼吸関連酵素の活性化する成分
・皮脂を栄養とする微生物の活動抑制する成分
・角質を膨潤させフケ予防する成分
・毛穴の酸化、活性酸素を抑制する成分

薬用として厚生省に認められている成分もあれば、慣習として育毛効果が認知されている成分や、各メーカーで開発した特許成分まで 育毛成分は幅広くあります。 かつては育毛剤にしか含まれていなかった育毛成分は、最近ではシャンプー、トリートメントにまで配合されるようになりました。

アミノ酸シャンプーに育毛成分が配合されるようになったのは、ここ数年でまだ新しいトレンドです。 以下に代表的な育毛成分を上げていますが、10種類の効能を満たすためには、できるだけ育毛成分の種類が豊富なものがよいでしょう。



アミノ酸シャンプーに含まれる育毛成分の例

水溶性コラーゲン、グリチルリチン酸2K、センブリエキス、オタネニンジン根エキス、シラカバ樹皮エキス、ハトムギエキス、オレンジ油、レモン果皮油、オキナワモズクエキス、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、センブリエキス、アルニカ花エキス、カミツレ花エキス、ローマカミツレ花エキス、オタネニンジンエキス、グリチルリチン酸2K、ボタンエキス、セイヨウキズタエキス、セイヨウトチノキ種子エキス、ハマメリスエキス、ブドウ葉エキス、カミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、フユボダイジュ花エキス、ヤグルマギクエキス、ローズマリー葉エキス、セージ葉エキス、オウバクエキス、セイヨウオトギリソウエキス、トウキエキス、センブリエキス、アルニカ花エキス、ゴボウ根エキス、カミツレエキス、トウキンセンカ花エキス、メントール、アロエベラエキス、オドリコソウ花エキス、レモン果実エキス、大豆エキス、オタネニンジンエキス、グリチルリチン酸2K、クララエキス、セイヨウキズタエキス、ローズマリーエキス、カミツレエキス、セージ葉エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ヒノキチオール、ニンニクエキス、セイヨウオトギリソウエキス、サボンソウエキス、ホップエキス、ニンジンエキス、褐藻エキス、ホホバ種子油、水溶性コラーゲン、ローズヒップ、紫根エキス、パンテノール、イヌラクリスモイデエキス、アミノ酸各種、コムギ胚芽油、センチフォリアバラ花水、カルボキシメチルキチン、オタネニンジン根エキス、イラクサ葉エキス、イラクサ根エキス、ユッカグラウカ根エキス、ウミクロウメモドキ油、アロエベラエキス-1、ホホバ油、センブリエキス、オタネニンジンエキス、ローズマリーエキス、カミツレエキス、スギナエキス、チャエキス、アルテア根エキス、ヒキオコシエキス、オウバクエキス、アンペロプシスグロセデンタタ葉エキス、フユボダイジュ花エキス、ヒバマタエキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ラベンダー油、イランイラン油、カルボキシメチルキトサンサクシナミド、グリチルリチン酸2K、オオバナサルスベリエキス、クリサンテルムインディクム抽出液、ホウセンカエキス、オトギリソウエキス、オウバクエキス、グリチルリチン酸2K、ホウセンカエキス 、サリチル酸、紫蘭根エキス、ビワ葉エキス、ピロクトンオラミン、ホップエキス、アルニカ花エキス、オランダカラシエキス、ゴボウ根エキス、ニンニクエキス、ヒバマタエキス、コメヌカスフィンゴ糖脂質、甘草エキス、オドリコソウ花エキス、ローズマリーエキス、ローマカミツレ花エキス、セイヨウキズタエキス、セイヨウアカマツ球果エキス など。




60種類の「男性用アミノ酸シャンプー」の全成分を鑑定しました。比較表はこちら