トップページ >  アミノ酸シャンプーの選び方 >  石油系の合成界面活性剤

アミノ酸シャンプーに石油系の合成界面活性剤が配合されているか確認する方法

頭皮に影響は洗浄成分から

最近ではシリコン剤が毛髪や頭皮に悪影響を及ぼすことが浸透し、 ノンシリコンシャンプーが人気となっています。 確かにシリコン剤には毛髪の手触りをよくして光沢を与えるというメリットがある反面、 毛穴を詰まらせたり、細毛を招くと言った心配な面もあります。 けれども以前のシリコン剤に比べて、近年ではかなり研究されているため、 それほど悪影響を与えることはないのです。

むしろ、洗浄成分である界面活性剤のほうが頭皮や毛髪に悪影響を及ぼします。 界面活性剤は名前の通り、本来は交じり合わない成分の境界を交じり合うようにする作用を持ち、 乳化、保湿、浸透、起泡、洗浄、柔軟、殺菌など、さまざまな働きをしており、 シャンプーはもちろん、化粧品や洗剤、食品などに幅広く配合されています。

けれども、界面活性剤にはいろいろな問題点が指摘されているのも事実です。 たとえば、浸透性が高く大切な皮脂膜や細胞間の脂質まで取り去ってしまうこと、 皮膚から毒性が取り込まれる経皮毒性の性質を持っていること、 アレルギー反応を起こしやすいこと、強く浸透して残留してしまうことなどです。

中でも強い浸透性と残留性が頭皮に与える影響はかなり大きいといえます。 汚れをしっかり落としてくれるのはよいのですが、その力が強すぎて 本来は頭皮に残しておくべき皮脂まで取り去ってしまうため、 頭皮のバリア機能がなくなってしまうのです。 その結果、頭皮を紫外線や雑菌から守る機能が低下し、炎症や皮脂の過剰分泌など さまざまなトラブルを引き起こしてしまうというわけです。

石油系の合成界面活性剤が配合されているか

アミノ酸シャンプーには、「なんちゃってアミノ酸シャンプー」が数多くあります。 アミノ酸系の洗浄成分は、頭皮に優しいのがメリットですが、アミノ酸は洗浄力が弱いというデメリットがあります。

この洗浄力の弱さを補強するために、「石油系の合成界面活性剤」を配合したのが、「なんちゃってアミノ酸シャンプー」です。 もちろん、補強する濃度にもよりますが、これを配合してしまうと、そのアミノ酸シャンプーはどこまで頭皮に優しいのか疑問になります。

石油系の合成界面活性剤を使わないで、アミノ酸シャンプーの洗浄力の弱さを補強するためには、 高価な「メチルアラニン系のアミノ酸成分」を配合するか、植物由来の界面活性剤を補うしかありません。 そして、こういった努力をしているのがまさに「正統派アミノ酸シャンプー」といえます。

当サイトでは、アミノ酸シャンプーの洗浄成分として、合成界面活性剤がふくまれていないかを全てチェックしています。 (デジルグルコシド、ラウリルグルコシド、コミカドDEA、加水分解コラーゲンKなどのアミノ酸系に近い合成洗浄剤、植物由来の合成洗浄剤は除く)

長く使えるアミノ酸シャンプー選ぶなら、「正統派アミノ酸シャンプー」を選ぶとよいでしょう。



アミノ酸シャンプーに含まれる合成界面活性剤の例

とにかく避けたほうがいい合成界面活性剤
ラウレス硫酸Na
ラウリル硫酸Na
ラウリル硫酸カリウム
アルキル硫酸
など


頭皮が敏感な人は避けたほうがいい合成界面活性剤
オレフィン(C14-16)スルホン酸Na
ラウレス-Nカルボン酸Na
アルキル(8~16)グルコシド
スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na
など



60種類の「男性用アミノ酸シャンプー」の全成分を鑑定しました。比較表はこちら