トップページ >  アミノ酸シャンプーの選び方 >  アミノ酸系洗浄成分のタイプ

アミノ酸シャンプーの洗浄成分のタイプの見分け方

薄毛=低刺激ならアミノ酸シャンプーが一番

薄毛の人は、できるだけ頭皮への刺激を軽減することが大切なので シャンプーも刺激が少なく、頭皮や髪に優しいものがおすすめです。 低刺激なシャンプーと言えば「アミノ酸シャンプー」ですが、 正しくはアミノ酸系の合成界面活性剤を配合しているシャンプーということになります。

シャンプーは界面活性剤という洗浄剤が主な成分であり、 アミノ酸系のシャンプーはこの界面活性剤にアミノ酸系のものを使用しています。

アミノ酸系シャンプーのほとんどはヤシ油脂肪酸などの低刺激な原料を使っているので 髪や頭皮に優しく、薄毛で少しでも刺激を避けたい人にはおすすめです。

ただし、アミノ酸系シャンプーは刺激が少ないぶん、 洗浄力が弱い為、中には物足りなかったり、皮脂を十分に取り去ることができなかったり、 2度洗いが必要なものもあります。

また、アミノ酸系と謳っていても、実際にはアミノ酸系成分を少し配合しているだけで、 刺激の強い合成界面活性剤を配合しているものもあるようです。 それでは、低刺激と思って使っていたのに実は強い刺激を与えていたということになりかねませんね。 選ぶときにはしっかりと成分を確認しましょう。

アミノ酸系洗浄成分のタイプ


アミノ酸シャンプーに含まれる「アミノ酸系の洗浄成分」というのは 次の3つに分けられます。

      ・メチルアラニン系
      ・ココイル系
      ・ベタイン系


アミノ酸シャンプーの良さは、「アミノ酸系の洗浄成分」の組み合わせでほぼ決まります。
アミノ酸シャンプーは、たしかに肌にやさしいですが、肌に優しくても洗浄効果が足りなすぎて、頭皮の汚れが落ちないものも多くあります。 ですから、アミノ酸シャンプーを選ぶときは、そのアミノ酸シャンプーがどの「アミノ酸系の洗浄成分」で組み合わせかとチェックしましょう。

メチルアラニン系
アミノ酸シャンプーでもっとも優れている成分は、「ラウロイルメチルアラニンNa」です。
一般的にアミノ酸系の洗浄成分は、頭皮に低刺激なのですが、デメリットとして洗浄効果も低いという特徴があります。

しかし、ラウロイルメチルアラニンNaは、肌に優しいのに洗浄力も高いというアミノ酸系成分では唯一優れた性質を持っているのです。 つまり「肌に優しいアミノ酸成分なのに、洗浄効果も高いのがメチルアラニン系のラウロイルメチルアラニンNa」だと考えてください。

ラウロイルメチルアラニンNaのデメリットは、成分価格が高いということです。 アミノ酸洗浄成分として、これだけに頼るとシャンプーの価格もバカ高くなってしまいます。
価格が高くならないように、「ラウロイルメチルアラニンNa」に、「ココイル系やベタイン系」のアミノ酸成分を追加しているアミノ酸シャンプーが理想の成分構成です。


ココイル系
ココイル系アミノ酸成分というのは、成分の頭の名前に「ココイル~」とついている成分のことです。
アミノ酸成分なので、頭皮に優しいのですが、洗浄効果も低いのが特徴です。 ココイル系だけのアミノ酸シャンプーの場合は、洗い上がりに汚れがとれていない気分になります。

ココイル系は、泡立ちも少なく感触もさっぱりしている成分ですが、アミノ酸シャンプーの場合、そうならないものが多いです。 その理由として、ココイル系以外の気泡性や滑らかにする界面活性剤が含まれている場合は、 泡立ちや洗い上がりがそうならないからです。


ベタイン系
ベタイン系アミノ酸成分というのは、成分の頭の名前に「~ベタイン」とついている成分のことです。 アミノ酸成分なので、頭皮に優しいのですが、洗浄効果も低いのが特徴です。 ココイル系と同様にベタイン系だけのアミノ酸シャンプーの場合は、洗い上がりに汚れがとれていない気分になります。

また、ココイル系はさっぱりした洗い上がりなのに対して、ベタイン系は、しっとりとした洗い上がりになります。 ベタイン系は、感触がしっとりしている成分ですが、やはり、アミノ酸シャンプーの場合、そうならないものが多いです。 ベタイン系以外にココイル系のほうが多く配合されている場合などは、洗い上がりはしっとりとはしません。 洗い上がり感や気泡性は追加配合でどうにでもコントロールできるので、アミノ酸系洗浄成分をみるときは、洗浄効果に注目しましょう。



アミノ酸系洗浄系分の組み合わせの例

「肌に優しく、洗浄効果も高い」アミノ酸洗浄成分の組み合わせ
メチルアラニン+ココイル系
メチルアラニン+ベタイン系
メチルアラニン+ココイル・ベタイン系

「肌に優しいが、洗浄効果は高くない」アミノ酸洗浄成分の組み合わせ
ココイル系のみ
ベタイン系のみ
ココイル系+ベタイン系


60種類の「男性用アミノ酸シャンプー」の全成分を鑑定しました。比較表はこちら