トップページ >  アミノ酸シャンプーの成分鑑定 >  リモアシャンプーの成分鑑定

リモアシャンプーの成分鑑定

リモアシャンプーの成分を
「洗浄成分」
「育毛成分」
「頭皮によくない成分」
に分けました。 リモアシャンプーの成分の詳細がわかります。

洗浄成分
項目 商品中の配合成分 成分の評価
アミノ酸洗浄成分のタイプ ココイル系+ベタイン系
アミノ酸系成分 コカミドプロピルベタイン、ラウドミドDEA、ココイルグルタミン酸TEA、ココイル加水分解コラーゲンK、 水添レシチン
合成界面活性剤
(※アミノ酸系、植物由来の合成洗浄剤は除く)
オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

育毛成分
項目 商品中の配合成分 成分の評価
育毛成分 メントール、アルニカ花エキス、オランダカラシエキス、ゴボウ根エキス、ニンニクエキス、ヒバマタエキス、コメヌカスフィンゴ糖脂質、甘草エキス、オドリコソウ花エキス、ローズマリーエキス、ローマカミツレ花エキス、セイヨウキズタエキス、セイヨウアカマツ球果エキス

頭皮に良くない成分
項目 商品中の配合成分 成分の評価
シリコン なし
パラベン なし

リモアシャンプーの全成分

水、オレフィン(C14-16)、スルホン酸Na、コカミドプロピルベタイン、ラウドミドDEA、ペンチレングリコール、ココイルグルタミン酸TEA、ローヤルゼリー末、ココイル加水分解コラーゲンK、ポリクオタニウム-10、甘草エキス、褐藻エキス、ラベンダー油、メントール、アルニカ花エキス、オドリコソウ花エキス、オランダカラシエキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリーエキス、ローマカミツレ花エキス、ヒバマタエキス、コメヌカスフィンゴ糖脂質、水添レシチン、リゾレシチン、メリアアザジラクタ葉エキス(ニーム)、水溶性コラーゲン、フェノキシエタノール、PEG-20ソルビタンココエート、クエン酸


リモアシャンプーの成分のポイント

洗浄成分はアミノ酸+合成界面活性剤

リモアシャンプーのアミノ酸洗浄成分は、ココイル系+ベタイン系なので洗浄力は弱いです。洗浄力の弱さを補うために合成界面活性剤のオレフィン(C14-16)スルホン酸Naを配合しています。

アミノ酸成分はココイル系+ベタイン系

アミノ酸成分は、コスパのいいけど洗浄力が弱いベタイン系、ココイル系の組み合わせです。 洗浄力をサポートするため、海泥成分と、合成界面活性剤のオレフィン(C14-16)スルホン酸Naが追加されています。

育毛成分はまあまあ配合

リモアシャンプーの育毛成分は、ントール、アルニカ花エキス、オランダカラシエキス、ゴボウ根エキス、ニンニクエキスが配合されています。 育毛成分の種類は多くはありませんが、まあまあ配合されています。


リモアシャンプーは「見送り」

洗浄成分はアミノ酸+合成界面活性剤

洗浄成分・・・   (5点満点)
育毛成分・・・   (2点満点)
悪い成分・・・   (2点満点)

総合評価・・・ (9点満点)




リモアシャンプーの商品詳細

リモアシャンプーは、インドの伝統医学のアーユルベータをコンセプトにしたアミノ酸シャンプーです。 しかし、リモアシャンプーのアミノ酸洗浄成分は、ココイル系+ベタイン系だけなので洗浄力は弱く、洗浄力の弱さを補うために合成界面活性剤のオレフィン(C14-16)スルホン酸Naを配合しています。

成分をみると、育毛成分はそれなりですが、洗浄成分はそれほどよくはありません。 また、"アーユルベータ"というコンセプトがシャンプーのどの配合構成なのかもよくわかりません。

アミノ酸シャンプーとしては、成分的にあまり際立った点がない商品です。
価格 3490円
内容量 400ml
特典 なし


もっとスコアの高いのは何?一目でわかる「成績表」でチェック!

人気20種類の中で、ベスト1の男性用アミノ酸シャンプーはコレでした!一目でわかる成績表はこちら