育毛にいい男性用アミノ酸シャンプーを選ぶなら、「アミノ酸洗浄成分」に着目!

近年、アミノ酸シャンプーが注目されてきています。
頭皮に優しく、保湿できる成分構成になっていることから、男性の薄毛対策としても人気です。

しかし、中には名前だけで効果がともなわないものも販売されているようです。

良い男性用アミノ酸シャンプーを選ぶなら、配合成分を見極めましょう。

アミノ酸洗浄成分は、いくつかのタイプに分けられます。

洗浄成分のタイプがわかれば、アミノ酸シャンプーの洗浄効果がわかります。このサイトでは、洗浄成分以外にも、育毛成分、頭皮に悪い成分(刺激成分)に注目して、多くのアミノ酸シャンプーを成分鑑定しています。




多くの男性用アミノ酸シャンプーを成分評価しています!


アミノ酸
洗浄成分
合成界面
活性剤
育毛成分 シリコン パラベン
総評

ウーマシャンプー

メチルアラニン系+ココイル系


uruotte(うるおって)シャンプー

ココイル系+ベタイン系

なし


S-1無添加シャンプー

メチルアラニン系+ココイル系

当サイトでは、アミノ酸成分のアミノ酸洗浄成分を重視して、多くのアミノ酸シャンプーを成分評価しています。上の比較表のように、アミノ酸シャンプーの洗浄成分以外にも、育毛成分、頭皮に悪い成分(刺激成分)のレベルを加味して採点しています。




薄毛が気になる男性にアミノ酸シャンプーが向いている理由

生え際の抜け毛が気になる男性
薄毛を気にしている方にアミノ酸シャンプーがいいとされているのは、頭皮を傷めない成分が多く配合されているからです。
アミノ酸シャンプーは頭皮にダメージを与えないため、シャンプーから薄毛が進行するリスクを減らせます。

アミノ酸シャンプーは、シリコンを採用していないことが多いので、安心して利用できるようにしています。
シリコンは頭皮を傷めてしまうことが多く、あまり利用しない方がいいですし、薄毛になっている人が利用するとさらに悪化することもあります。

頭皮に優しい成分だけで作られていて、しっかり皮脂を取り除く効果を持っているアミノ酸シャンプーなら、問題なく洗うことができます。

シリコンを配合しているものの方が、泡立ちがしっかりしていることもあるので洗いやすいかもしれませんが、頭皮の状態を悪化させることがありますので、薄毛が気になっているならノンシリコンのアミノ酸シャンプーを利用した方が安心できます。


アミノ酸シャンプーを使うメリット


近年、アミノ酸シャンプーの人気が高まっています。

現在市販されているシャンプーには、石鹸シャンプー、高級アルコールシャンプー、アミノ酸シャンプーの3種類があります。石鹸シャンプー、高級アルコールシャンプーは強い洗浄力を持ちますが、アミノ酸シャンプーの洗浄力は控えめになっています。

シャンプーには高い洗浄力による爽快感が必要だと考える人は少なくないはず。
なぜ、あえて洗浄力の低いアミノ酸シャンプーを遣うのでしょうか?

アミノ酸シャンプーは洗浄力が控えめとお伝えしましたが、実はそれは正しい言い方ではありません。
「日常の汚れを十分に落とす洗浄力を持ち、かつ頭皮にやさしいバランスの取れたシャンプー」というのが正しい言い方です。

頭皮に皮脂が溜まったままになっていると、皮脂が毛の成長を阻害し、脱毛・薄毛の原因となります。
しかし、皮脂を除去しすぎると、乾燥肌になり、頭皮は保湿のために過剰な皮脂を出すのです。

シャンプーの洗浄力が低すぎても高すぎても、頭皮にとってよくないということがお分かりいただけたかと思います。
アミノ酸シャンプーは、低すぎず・高すぎずな洗浄力で、適切な頭皮環境を維持する効果があるのです。

また、低刺激、弱酸性という特徴もあり、敏感肌、アトピーでお悩みの方にもお勧めできます。


アミノ酸シャンプーを選ぶなら、こんな成分には注意!

アミノ酸シャンプーを使っている人は、その成分のやさしさから選んでいることがほとんどだと思います。

このアミノ酸シャンプーは洗浄剤として、アミノ酸系の界面活性剤を使用しています。
アミノ酸はタンパク質の構成要素で、人体に普通に含まれている成分です。このアミノ酸が主成分の為、このアミノ酸シャンプーとても体にやさしいシャンプーです。

しかし、アミノ酸シャンプーと名の付くものの中には、洗浄剤に石油系やアルコール系の合成界面活性剤を使用しているものもあります。

本来このようなシャンプーは「アミノ酸シャンプー」ではなく、「アミノ酸”配合”シャンプー」と明記するべきですが、特に日本ではその表示の規制は無い為、アミノ酸系の界面活性剤を洗浄剤として使用していなくても、アミノ酸を配合しているだけでアミノ酸シャンプーを名乗っているものがあります。

アミノ酸系の界面活性剤は洗浄能力こそ低いですが、上記のような性質から、人体に対してやさしい成分です。
洗浄剤がこれ以外のアミノ酸シャンプーは、アミノ酸はあくまで少量配合されているだけで、石油系やアルコール系の合成界面活性剤が主成分のことがあるので注意してください。
これらの成分は、洗浄能力こそ高いですが、人によってはアレルギー反応を起こしてしまうこともあり、体にやさしいとは言えません。

また、シリコンが配合されている場合がありますが、このシリコンは髪の毛の絡まりを防いだり、髪につやを与える効果こそありますが、しっかりと洗い落とさないと、毛穴に詰まってしまったり、頭皮に悪影響を及ぼすことがあるので気を付けてください。

そして、パラベンは配合されていないに限ります。
この成分は防腐剤で、シャンプー自体を長持ちさせる為に配合することがありますが、じんましんなどの皮膚障害の原因になることがあります。

体への影響を考えてアミノ酸シャンプーを選ぶ場合、主成分がアミノ酸系の界面活性剤か、そして、出来ればシリコンやパラベンが配合されていないものを選べば間違いはありません。

とはいえ、「シリコン」なら「シクロメチコン」など別の名前になっていることが多く、素人には見分けがつきにくいです。
当サイトの一覧表では、全ての成分をカテゴリーに分けて評価していますので参考にしてみてください。

全12種類のアミノ酸シャンプーを一目で比較!成分の成績表はこちら



「アミノ酸シャンプー」と「アミノ酸配合シャンプー」の違いに注意


アミノ酸シャンプーとアミノ酸配合シャンプーでは、使われている主成分が異なります。
特に体にやさしいという理由からアミノ酸シャンプーを選ぶ場合には、間違えないように注意が必要です。

アミノ酸シャンプーは、アミノ系酸の界面活性剤を洗浄剤としているシャンプーです。
このアミノ系酸の界面活性剤は、洗浄能力こそ石油系の界面活性剤に劣りますが、その主成分が人体にも含まれているタンパク質の構成要素でもあるアミノ酸なので、体にとてもやさしいのが最大の特徴です。
その為、他の種類のシャンプーではアレルギーを起こしてしまうような人でも、安心して使用することができます。

これに対してアミノ酸配合シャンプーは、洗浄剤として石油系の界面活性剤を使用しています。
アミノ酸は若干配合されているだけで、洗浄剤の主成分ではありません。
よって、使われている成分によってはアレルギーに反応してしまう可能性もあり、体にやさしいシャンプーではありません。

アミノ酸シャンプーとアミノ酸配合シャンプーには、このような違いがあります。
この2つは、アミノ酸シャンプーやアミノ酸配合シャンプーときちんと明記してある場合は問題ありませんが、区別が付かない場合、主成分で見分けることができます。

アミノ酸シャンプーは、主成分にアミノ酸であるグルタミン酸アラニングリシンがよく使われています。
これらが主成分として含まれていれば、アミノ酸シャンプーだと言っていいでしょう。

アミノ酸配合シャンプーの場合、ラウリル硫酸ラウレス硫酸が主成分のことが多いです。
ラウリル硫酸は安価なシャンプーによく使われている成分で、洗浄能力は高いですが、人体にはあまり良くないとされています。
ラウレス硫酸はその後継とも言える、似たような成分です。最近ではこの方がよく使われているようですが、同じように、あまり体にやさしい成分だとは言えません。

アミノ酸配合シャンプーの方が比較的安価に購入することができますが、全く違う種類のシャンプーなので、間違えて購入しないように気を付けてください。


アミノ酸シャンプーに使われる洗浄成分の種類


アミノ酸シャンプーに使われている洗浄成分は大きく分けてメチルアラニン系ココイル系ベタイン系の三種類です。

この中で洗浄力の高いアミノ酸シャンプーの多くに含まれている洗浄成分がメチルアラニン系のラウロイルメチルアラニンNaというものです。
これは頭皮に優しく作用しますが洗浄力が一般的に弱いとされているアミノ酸シャンプーの欠点を上手に補って、一定の洗浄効果が期待できるものとされています。

これと同じような成分にラウロイルアスパラギン酸というものもあり、これも洗浄効果もラウロイルメチルアラニンNaと同様に効果が高いのでアミノ酸シャンプーに使用されていることが多いようです。

そして次に多用されている成分のココイル系ではココイルメチルタウリンNaココイルグルタミン酸TEA、さらにココイルメチルアラニンNaココアンホプロピオン酸Naなどが代表的な成分として挙げられます。

市販されているアミノ酸シャンプーのメーカーによって使用されているココイル系洗浄成分は違いますが、どれも同じように肌に優しい性質を持っています。
ただしココイル系のみの成分だけを使用したシャンプーは洗浄効果が低いため頭皮や毛穴の皮脂汚れをしっかり落とすことはできません。

最後にベタイン系のアミノ酸成分はコカミドプロピルベタインラウラミドプロピルベタインなどに代表されます。

これらの成分も頭皮に優しいのが大きなメリットになりますが洗浄力が弱い点はココイル系と同様です。

アミノ酸シャンプーは一般的にメチルアラニン系を主成分として補助的にココイル系やベタイン系を混合して洗浄力を高めているタイプが殆どのようです。

全12種類のアミノ酸シャンプーを一目で比較!成分の成績表はこちら